一般外来

どんな症状で来院された場合でも、問診によって患者さまの現状を的確に把握し、最適な対策を見出して治療にあたってまいります。

結膜炎

結膜炎には大きく分けて「細菌性結膜炎」「ウイルス性結膜炎」「アレルギー性結膜炎」の3つがあります。

細菌性結膜炎

細菌の感染によって起こる結膜炎です。目やにが出る、充血するなどの症状が見られます。点眼治療により数日~1週間ぐらいで治ります。

ウイルス性結膜炎

ウイルスの感染による結膜炎ですが、目やにや充血のほかに、痛みを伴ったり涙が多量に出たりする症状も見られます。アデノウイルスなど他人に感染しやすいウイルスによる結膜炎が代表的です。
ウイルスが原因であるために特効薬はありません。患者さま自身の体にできる抗体が作られるのを待つしかありませんが、二次感染や炎症の防止のために点眼治療を行います。多くの方が2週間程度の治療期間で治ります。しかし感染しやすいので学校や仕事をお休みいただくこともあります。

アレルギー性結膜炎

花粉によるアレルギー性結膜炎が代表例ですが、花粉に限らずハウスダスト、ペットの毛などが原因でも起こります。点眼治療を主に行いますが、まずは原因となる物質を避けることが大切です。

ものもらい

まぶたにできる炎症性の病気です。お子さまから高齢者まですべての年代に発症が見られます。「ものもらい」には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の2種類があり、双方とも一度罹患したらきちんと治すことが大事です。
目の周りを清潔にしておくことや、目を不用意にこすらないようにすることも忘れないでください。

麦粒腫

細菌感染が原因のものもらいです。痛みを感じるのが特徴です。
基本的には点眼治療で完治しますが、場合によっては手術による除去が必要なケースもあります。

霰粒腫

まぶたに炎症が生じ、肉芽腫(にくげしゅ)という塊ができるため、ゴロゴロするような違和感があります。
基本的には点眼治療で完治しますが、1か月以上点眼を継続する必要があったり、場合によっては手術による除去が必要なケースもあります。高齢者の霰粒腫の場合、悪性腫瘍との判別が必要となる場合もあります。

ドライアイ

目の乾きやゴロゴロした違和感や不快感、痛みや疲れを感じます。
基本的には点眼治療を行いますが、改善しない場合には「涙点プラグ」による治療を行います。これは涙点(涙が涙腺から出て鼻へ流れる箇所)をプラグで塞ぐことで、涙が目にできるだけ長い時間留まるようにする方法です。
ドライアイにはさまざまな要因が考えられます。元々の体質的な要因や、コンタクトレンズの着用によるもの、冬場など空気が乾燥している環境、パソコンなどの長時間使用などがその例であるほか、全身疾患が原因でドライアイを生じることもあります。

眼精疲労

目の疲れを意味しますが、目の痛みやかすみ、眩しく感じること、頭痛、肩こりなどの症状が見られることもあります。
眼精疲労の原因も多様であり、目の酷使やメガネが合っていないことなどのほか、心理的な要因によって発症することもあります。そのため画一的な治療法はなく、患者さまとの問診を重視し、原因を的確に見出して治療法を提案いたします。

飛蚊症

黒い点や虫、糸くずのようなものが視野に飛んで見える症状を飛蚊症と呼びます。
原因としては、加齢によるものが多く見られ、特に治療の必要のない場合が多いですが、たとえば眼の中の炎症や、硝子体出血、網膜裂孔、網膜剥離など目の疾病が原因となる場合もありますので、診察によりその原因を見極めることが大切です。

まぶたの痙攣

まぶたがぴくぴくと痙攣する症状です。多くの場合目や体の疲れの症状として出現することがあり、自然におさまります。
片方のまぶたや頬、口の周りまで痙攣する場合や、症状が強くて日常生活にも不便が出てくるような場合には治療が必要です。
原因を見極めてそれを除去することが大切ですが、ボツリヌス毒素を痙攣する筋肉に注射する方法もあります。この場合効果は約3か月程度です。

ご相談はお気軽に

目のことでお悩みでしたら、春日井市にある眼科山田クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • アクセスはこちら
  • クリニックブログ
  • facebook
    信頼できる医療機関を探せる Medical DOC