小児眼科:弱視、斜視

弱視

生後、片目もしくは両目に適切な視覚の刺激が伝わらず、視力の発達が止まったり遅れたりすることで弱視になる可能性があります。
片方のまぶたが下がっていたり、黒目の中心部分が濁っていたり、強い遠視などの屈折異常が原因になることがあります。
原因がわかればその治療をすることが重要ですが、基本的には眼鏡による屈折矯正、遮へい訓練(アイパッチで見える目を遮へいし、見えていない方の目を使う訓練)を行うことで改善する場合も多く見られます。

斜視

物を見ようとするときに、片目は正面を向いていても、もう片方が違う方向を向いてしまっている状態です。
常に斜視がある場合と、時々斜視になる場合があります。
斜視の原因は、目を動かす神経や筋肉の異常や、遠視、目や頭の病気などがあり、原因を調べるために全身の検査が必要になることがあります。
遠視が原因の斜視であれば、きちんと合わせた眼鏡を使えば改善する場合が多いですが、場合によっては手術が必要になることがあります。
常時ではなくときどき視線がずれる場合は、しばらく経過観察をし、ずれの頻度が上がるようであれば必要に応じて手術を行うこともあります。

ご相談はお気軽に

目のことでお悩みでしたら、春日井市にある眼科山田クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • アクセスはこちら
  • クリニックブログ
  • facebook
    信頼できる医療機関を探せる Medical DOC