糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の三大合併症の一つです。網膜の細い血管が変形したり詰まったりする状態で、進行すると出血したり、新生血管が伸びてきたり、あるいは網膜剥離に進展する恐れもあります。
それを未然に防ぐため、糖尿病網膜症の初期段階ではレーザー治療が有効です。網膜の酸素不足を解消して新生血管の発生及び増殖を抑制する効果があります。正常の網膜の一部が犠牲になりますが、網膜全体が障害されないようにするための治療法です。
通常は片目につき2,3回に分けてレーザー治療を行います。
レーザー治療で網膜症の進行が予防できない場合や、すでに網膜症が進行して硝子体出血や網膜剥離が生じている場合には、硝子体手術が必要になります。
当院では硝子体手術は行っておりませんので、必要な場合には適切な施設をご紹介させていただきます。

ご相談はお気軽に

目のことでお悩みでしたら、春日井市にある眼科山田クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • アクセスはこちら
  • クリニックブログ
  • facebook
    信頼できる医療機関を探せる Medical DOC