白内障

白内障の初期症状には、進行を遅らせる点眼治療を行い、経過観察をします。ある程度進行が進み、日常生活に支障をきたすようになってしまうと手術の必要があります。
しかし、見え方や白内障の進行具合には個人差があるため、「視力がどれ程以下になれば手術をする」といった画一的な尺度はありません。患者さまご本人が見づらくなり、普段通りの暮らしが不便になったのであれば、手術をすることをおすすめします。

白内障の手術についてのQ&A

Q

手術までの来院数はどれくらいですか?

A

予約をされてから2~3回の来診していただきます。以下の流れをご参照ください。
(1)手術を行う前に、全身状態の確認(採血、ほかの病気で病院にかかっている場合は薬のチェック)や、白内障以外の目の疾患の有無を調べるための詳しい検査をします。
(2)ご本人と身内の方を含め、インフォームド・コンセント(手術の説明)を行います。そこで手術の日程を決めます。
(3)手術を実施します。
※手術を予約してから手術当日までは、1カ月程度の余裕を持って準備にあたります。

Q

手術後の来院数はどれくらいですか?

A

手術後1週間は毎日通院していただき、経過観察を行います。その後は経過を見ながら来院頻度を減らし、月に1回程度の経過観察を行います。

Q

手術後すぐに見えるようになりますか?

A

基本的には手術後すぐに視力回復効果が見られますが、白内障の程度が比較的強い方は、手術後の炎症のために視力回復までに1週間ほどかかることもあります。

Q

手術の際に痛みはありますか?

A

点眼麻酔と前房内麻酔を行った上で手術をしますので、痛みはほとんど感じません。

Q

乱視は治りますか?

A

程度の強い乱視の場合には、乱視矯正用の眼内レンズを使用して矯正します。

Q

合併症はどのようなものがありますか?

A

いくつかの合併症が考えられます。
(1) 後嚢破損:眼内レンズを挿入するための水晶体の袋(=嚢)が破れる状態です。この場合には眼内レンズを縫い付ける手術が必要となることがあります。
(2) 感染症:どの手術でも起こりうる合併症ですが、手術の傷口から菌が入ってしまう状態です。頻度は非常に低い合併症ですが、術後の視力に影響を与える重大な合併症と言えます。術後は感染症を起こさないように点眼薬をしっかり使っていただき、2週間は保護用の眼鏡を寝る時もかけていただく必要があります。

Q

再発しますか?

A

再発はしませんが、眼内レンズを入れる嚢ににごりが出る(後発白内障)場合もあります。その際はレーザーによりにごりを除去する治療を行います。術後にごりが出ないよう点眼治療を継続することが重要です。

Q

白内障と診断されたら、すぐに手術をしたほうがいいですか?

A

白内障と診断されてもすぐに手術をしなくてはいけない訳ではありません。日常生活に不便がない程度であれば、進行を遅らせる点眼剤を使用していただき、その後の経過観察を行います。見づらさが増し、生活に支障をきたすようであれば、手術の相談をさせていただきます。

Q

白内障手術後に当日でも一人で帰れますか?

A

手術後は眼帯を着用されるため、ご自分で車や自転車を運転されたりすることはおやめください。お一人での徒歩での帰宅もお避けください。ご家族の方に送っていただくかタクシーで帰られることをおすすめします。また、手術当日から翌日にかけては安静にしていただく必要があります。

Q

仕事はいつからできますか?

A

一般的には、デスクワークであれば手術後数日~1週間後に始めていただけます。ただし、肉体労働など身体を動かす仕事の場合、2~3週間程度お休みいただくこともあります。

Q

お化粧はいつからできますか?

A

手術後1週間はお化粧をお休みしていただくことをおすすめします。

Q

手術前後はスポーツなど体を動かしてもいいですか?

A

手術2日後に来診された際に、5~10分程度の散歩をしていただける判断をいたします。手術後4~5日後には30分程度の散歩ができるようになりますが、徐々に体を慣らしていきましょう。なお、水泳やゴルフなどのスポーツは、手術後1カ月程度はご遠慮ください。

ご相談はお気軽に

目のことでお悩みでしたら、春日井市にある眼科山田クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • アクセスはこちら
  • クリニックブログ
  • facebook
    信頼できる医療機関を探せる Medical DOC